HOME>母子の会話編

お子さんの可能性を最大限に引き出すアプローチとは


引っ込み思案のお子さんを作ってしまうリスク

一般的なお母さんであれば、お子さんを元気に、そして賢く育て上げたいと考えるものです。ところが、なかなかその通りには、お子さんは育ってくれないものです。このため、お子さんに対して口うるさく叱りつけるなどの行為に走りがちです。お母さんからすれば、お子さんになんとか理解させたいと願っているわけですが、なかなかそれをお子さんが理解してはくれないわけです。

お子さんが何かをうまくできなかった際、お母さんがあまり度々叱りつけていると、引っ込み思案のお子さんを作り上げてしまうこともあるものです。つまり、さまざまな事に対して萎縮してしまい、自ら積極的に行動を起こすことができなくなってしまうわけです。

お子さんからすれば、何かするたびにお母さんから厳しく怒られるわけですから、たまったものではありません。また、どうせ怒られるのなら、それをしない方が良いことを、お子さんは早々に気づくものです。しかしこれでは、お子さんが積極性を取り戻すことは、なかなか難しくなることでしょう。

引っ込み思案のお子さんの矯正法

さて、ではお子さんを引っ込み思案にしない指導、もしくは引っ込み思案でなかなか自ら元気に行動を起こすことができないお子さんに対する効果的な指導として、どの様なアプローチが必要となるでしょうか。

これをご理解いただくに際し、成功学について若干の知識をお持ちいただく必要がありそうです。つまり、人が成功を手にするための方法です。

世の中には、数多くの成功者がいるものです。彼らは多くの人から称賛を受けることでしょう。できればお子さんにも、そんな人生を歩んで欲しいと考えられていらっしゃるかもしれません。

ところが、成功者に育て上げるためには、成功する方法についての知識が必要となるはずです。一口に成功といっても、さまざまな道があろうかと思います。実は、成功に至るまでの方法は、どのような分野においても、共通項があることをご存じでしょうか。

偉業を成すことは、誰にでもできるものではありませんが、偉人の多くが、卓越した能力を持っているわけではありません。つまり、能力的に恵まれているとは限らないのです。では、そんな人々が、偉業を成すことができたのは何故でしょうか。

実は成功者は、数多くの失敗を繰り返すものです。これについては、一般的な人間と同様です。ところが彼らは、失敗から得たさままざまな気づきを、常に次の行動の素材として役立てていきます。そしてこの繰り返しと地道な努力こそが、誰もが手にできない成功を生み出しているのです。

「失敗は成功の母」という言葉もあるように、実は数多くの失敗をすることは、とても重要なことであるわけです。また、失敗をしたのなら、必ずその失敗を元に、次に同じ失敗を繰り返すことのない方法の検証が必要となります。そしてこのアプローチを、当初はお母さんがお子さんに指導すればよいわけです。

失敗の価値を教えることの重要性

まずはお子さんに「失敗しても良い」ということを伝えていただければと思います。お子さんは、失敗によって多くのことを学びつつ成長して行くものだからです。また、同時に失敗をしたなら、そこから学ぶべきものが必ずあることについても、できればお子さんに知ってもらう必要があります。

ただし最初からこのことをお子さんが理解するのは難しいでしょう。そこで、何かに失敗をしたのなら、当初はお母さんとともに、なぜそれができなかったのかについて考える機会設けるのもよいかと思います。

叱りつけるのではなく、「今度はどうしたらいいのかな」と、お母さんがアプローチしながら、お子さんと考えていくわけです。ただし、あまり長い時間をかけたとしても、お子さんはそれにあきてしまうでしょう。徐々にでもかまわないので、失敗から学ぶことについて、お子さんが理解できるように指導してさしあげると良いかと思います。

お子さんが失敗から学ぶことの価値を理解すると、次第に引っ込み思案が治ることがあります。あとは、繰り返し同じ失敗をしないように伝えることで、次第に多くの事に対して、積極的な取り組みができるようにもなることでしょう。

子供の成長において、萎縮はあまり好ましい効果を生み出しません。むしろ、多くのことに積極的に取り組むとともに、失敗の中から様々なことを学び、次のステップへと進むことができることを、お子さんに認識させることです。するとお子さんは、真の能力を引き出すことができるようになるわけです。

お母さんがこの点に配慮して教育できるか否かは、お子さんの成長過程を大きく左右させるものです。是非ともご記憶いただければと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。RYUです。これまで教育関連で幼児教育に携わりつつ、多くの子供たちの教育現場に立ち会ってまいりました。この中で、早期教育がその後の子供たちの人生を豊かなものにしていく様を見てまいりました。ここでは、そんな経験をもとに、胎児幼児の効果的な教育技術についてわかりやすく紹介してまいります。ご参考いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


母子の会話編