HOME>二歳からの教育編

まず確認すべき勉強に対する親御さんの認識


自学自習は才能ではなく環境によって身につくもの

 自学自習とは、既に説明したとおり、他から教わらずに、自分一人で学習することをいいます。つまり「勉強をしなさい」と親御さんが口うるさくいわなくても、自ら学ぶことができる力を持つ子供ということができます。

 この点だけを見ても、多くの親御さんからすればとてもありがたいことと感じられることでしょう。

 黙っていても勉強に励み、自然に多くの事を学びます。また、学校においても常に優秀な成績を維持することができます。

 多くの親御さんが、我が子の成績を上げようと躍起になる一方で、ごく自然に、優れた成績を収め、一流と名のつく高校へ、そして大学へと進みます。勉強ですから、大変なこともあることでしょう。しかし、それをも乗り越える力を持ち、自ら多くの知識を積み上げていくこともできます。

「そんな子供は、一部の優れた才能を持つ人間に限られるのでは。うちの子供がなれるとはとても思えない」

 多くの親御さんがそう思われることでしょう。

 しかし、自学自習を身につけるのに、生まれ持った優れた才能は、まったく必要ありません。

 このように申し上げると、多くの方は、「優れた才能を持ち合わせていないのに、勝手に勉強をして優秀な成績を収めることなどできるはずがない」と、かたくなに否定される方も少なくありません。

 しかしこれは、これまでの多くの子供たちの成長を見守ってきた経緯からも、明らかです。自学自習に才能などはまったく必要ないのです。

まずは勉強に対する認識を改める必要がある

 さて、優れた才能が必要なく、誰もが身につける能力であるならば、なぜ、多くのお子さんがこれを身につけることができないのでしょうか。

 この答に迫る前に、ある質問にお答えいただきたいと思います。それは「なぜ、勉強をしなければならないのか」という質問です。

 たとえば、お子さんに「勉強をしなさい」とあなたがいいます。すると、お子さんが「なんで毎日面白くもない勉強をしなければいけないの?」とあなたに質問したとしましょう。あなたはどのように答えるでしょうか。

「頑張って勉強をすれば、いい大学に行けるからよ」

「社会に出たときに、困るからよ」

 中には「お父さんみたいにならないためによ」と、随分な答をする親御さんもいらっしゃるといいます。

 先にもふれていますが、親御さんは勉強をしなかったことで味わった社会の辛さを知り抜いています。このため、我が子には同じ苦労を味あわせたくないと、勉強を強要します。

 これは、我が子の将来を見越した親の思いであり願いでもあるわけです。

 しかし、小さな子供に、将来を見越すことは難しいといえるでしょう。

 そこで、多くの子供はこう思うはずです。

「それでもやっぱり勉強は面白くないし、やりたくない」

 つまり、一般的に提示される親御さんの思いは、実感としてはお子さんには届かないものなのです。そして、届かなければ、お子さんのモチベーションとはなりません。

「勉強をしなさい」という言葉だけでは、お子さんは勉強をするようにはならないものなのです。

 また、中には親の思いを受け止めて、勉強をしようとするお子さんもいます。しかしそれは、あくまでも親御さんが望むからという要因であり、無理をしようとしているわけです。

 ところが、したくないことをするという行為からは、大きな成果を得られない場合が少なくありません。一生懸命勉強をしているにもかかわらず、なかなか成績が伸びないのは、実は能力以前の問題であり、勉強をする意味の誤認識に問題があるのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。RYUです。これまで教育関連で幼児教育に携わりつつ、多くの子供たちの教育現場に立ち会ってまいりました。この中で、早期教育がその後の子供たちの人生を豊かなものにしていく様を見てまいりました。ここでは、そんな経験をもとに、胎児幼児の効果的な教育技術についてわかりやすく紹介してまいります。ご参考いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


二歳からの教育編