HOME>早期教育概要編

成績の良い生徒が自由に生きることが出来る理由とは


お子さんの成績が良けいことで享受できる多大なメリット

 あなたが子供の頃、成績は良好でしたでしょうか。

「そこそこはできた」

「まったく出来なかった」

 成績は、人それぞれですから、いろいろな答が返ってくるはずです。しかし、我が子が誕生した場合、その子が良い成績を取ることを望むかとの問いには、8割以上の親御さんがYesと答えるといいます。

 我が子の成績が優秀であることを望むのは、親として当然のことといえます。自らの成績が良好だった場合、少なくとも自分以上の成績は取らせたいと願うことでしょう。また、自らの成績が振るわなかった方の場合、せめて子供には優秀な成績を取らせたいと願う傾向にあるからです。

 さて、ではなぜ我が子の成績は優秀であってほしいと願うのでしょうか。

 実は、子供の成績が良い場合、お子さんご自身も、親御さんにも、多大なメリットを享受できることになります。

子供の成績が高い場合の子供が享受するメリットとは

 まずはお子さんのメリットから簡単に解説してみることにしましょう。お子さんの成績が非常に良い場合、お子さんが望む分野に、躊躇することなく進むことが可能となります。高校や大学への入学は、改めて説明するまでもなく、試験によって決定されるからです。よって成績が良ければ、どのような高校や大学であれ、自由に選択し、そして入学を果たすことが可能となります。

 また、資格試験もストレスなく取得できることから、就職時にも大きなアドバンテージを持って臨むことができるようになるはずです。さらには、大学入学後に進路を大幅に変えたい場合も、翌年に望むべき大学に入り直すことすら問題なくできます。つまり、思うように進路を選択し、思うとおりに進学や就職を果たすことができるようになるわけです。

 高学歴を取得することで、その後のお子さんの人生にもアドバンテージを得ることになります。大手企業への就職が可能となる上、高学歴の友人知人にも恵まれることでしょう。

 お子さんが30代、40代になる頃には、その友人知人は、企業において重要なポストについていることでしょう。このネットワークはとても大きな資産となるものなのです。

 なお、成績の善し悪しは、実は幼児教育における学力の土台となる能力によって大きく左右されるものです。このため、幼少期にこの能力を与えてしまえば、お子さんはそれから以降、勉強を楽しんで進めることができるようになります。つまり、受験戦争を勝ち抜く実力を備えつつ、必死に勉強をするという過酷さからは解放され、その世代世代における遊びを十分に楽しみながらも、トップレベルの成績を維持できるようになるのです。

子供の成績が高い場合に親が享受できるメリットとは

 お子さんの成績が良い場合、それは親御さんに対しても多くのメリットを提供するものです。

 昨今では若干持ち直してきているものの、日本経済は長期的なデフレ不況の最中にあります。このためどのご家庭も経済的に苦しい生活を余儀なくされています。子供を大学にまで行かせるためには、それなりのお金が掛かります。ちなみに一人のお子さんを育て上げるまでの総コストは、大学まで進学させた場合、最低でも3000万円以上の費用がかかるといわれます。

 一方で子供の成績が極めて良い場合、親御さんはどのようなメリットを享受するでしょうか。

 子供の成績が良いことは、親御さんとしても誇らしいことでしょう。しかしそれだけではなく、親御さんの経済的負担を大幅に軽減できることをご存じでしょうか。

 成績が良ければ、子供の望む学部を持つ国立大学への進学が可能です。国立大学の学費は、学部によって異なるものの、月平均5万円程度です。また、寮生活を必要とする場合でも、寮費は食費を含めて月2万円程度しかかからない所も少なくありません。そしてこの程度のコストであれば、子供がアルバイトをすることで調達することもできることでしょう。

 また、私立大学であったとしても、お子さんの成績が極めて良ければ、安価な学費で通わせることが可能です。成績の良い生徒に対して、大学側はスカラーシップなどの制度を設けており、学費を全額もしくは半額程度負担してくれるのです。

 つまり成績さえ良ければ、親の経済状況に左右されることなく、お子さんは大学まで進むことができるようになるわけです。また、高学歴取得に成功したならば、当然のことその後社会に出た後にも、多くのメリットを享受できることでしょう。

 22歳にまで手にすることができたステータスは、その後60年の長期にわたり、お子さんとともに輝き続けることになるものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。RYUです。これまで教育関連で幼児教育に携わりつつ、多くの子供たちの教育現場に立ち会ってまいりました。この中で、早期教育がその後の子供たちの人生を豊かなものにしていく様を見てまいりました。ここでは、そんな経験をもとに、胎児幼児の効果的な教育技術についてわかりやすく紹介してまいります。ご参考いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


早期教育概要編