HOME>新生児教育編

誕生から2ヶ月の原始反射機能を促進する遊び


誕生から2ヶ月の原始反射機能

誕生から2ヶ月目あたりまでの赤ちゃんを、何の能力も持ち合わせていないと思われている方も少なくありません。しかし赤ちゃんには誕生する段階において、さまざまな原始反射機能が備わっています。これは、赤ちゃんが外界においていきぬくために備えている機能でもありますが、この時期に各種反射能力に働きかけることにより、その後の成長を促進させる効果を期待することができます。

原始反射には、把握反射や吸引反射、モロー反射、トラッキング反射、リーチング反射などがあります。

把握反射とは、赤ちゃんの手のひらに指を押し当てると、赤ちゃんがそれを握ろうとする反射、吸引反射とは、口のまわりを指で軽く押すと、お乳に吸い付くように口を動かす反射、モロー反射は、赤ちゃんの身体を抱いて急に下に下げると、手足を広げて何かに抱きつくような格好をする反射をいいます。

また、トラッキング反射は、黒い点を書いた紙を目の前に持っていくと、それをじっと凝視し、紙を動かすとそれにあわせて目を動かす反射、そしてリーチング反射とは、目の前に紐や棒などを持っていくと、手を伸ばしてそれを握る反射能力です。

さらには生まれて間もない赤ちゃんにも、歩行に近い運動をする反射機能が備わっています。これは、赤ちゃんの両脇を支え、足を床に付けるようにすると、足を交互に出して歩くような格好をするというものです。

このように生まれた赤ちゃんにも、多くの反射機能があることから、これを刺激する遊びをすることで、脳を活性化することが可能となるわけです。

把握反射を用いた筋肉への適度な刺激

猿の赤ちゃんは、生まれてすぐにお母さん猿のお腹に抱きつく本能的な能力があります。猿の行動は活発ですが、それでも赤ちゃん猿は問題なくお母さんに抱きついているものです。

実は人間の赤ちゃんにもこれに近い力が備わっています。このひとつが把握反射です。お母さんが人差し指を赤ちゃんの手のひらにあてると、赤ちゃんはそれを力強く握るはずです。これは赤ちゃんが意識しているのではなく、本能による反射行動だといえます。

赤ちゃんにお母さんの指を左右同時に握らせたなら、ゆっくりとそれを引き上げてみてください。驚くことに赤ちゃんは、身体が起きる状態になってもしっかりと指を握り続けることができるはずです。当初、赤ちゃんの首がすわっていないので、注意する必要がありますが、この運動を繰り返すことで、神経に適度な刺激を与えることができます。

ちなみに赤ちゃんの手が届く位置に棒を渡して固定しておくと、赤ちゃんはそれに触れたりつかんだりする遊びをします。また、慣れてくると自ら棒をつかんで起き上がる動作を早期からするようになります。

赤ちゃんの状態をしっかりとお母さんが見極めてあげる必要はありますが、筋肉や神経へのこれらの刺激は、後の高い能力開発の手助けとなるはずです。脳に対する刺激のみならず、筋肉に対する適度な刺激についても、お母さんの心に留めておいていただければと思います。

支持反射を利用した赤ちゃんの運動トレーニング

優秀な子どもを育てる場合、頭脳だけ優れていればよいわけではありません。健全な精神は健全な肉体に宿るという言葉があるように、肉体的にも優れている必要があるわけです。

実は運動能力は、後天的な働きによっていくらでも発達させることができるものです。つまり自分に全く運動能力がなかったとしても、赤ちゃんがそれをそのまま継承する形にはならないのです。

生まれたばかりの赤ちゃんには、いくつかの反射能力が備わっていますが、その中に支持反射というものがあります。赤ちゃんを抱きかかえたまま、お母さんの膝の上に立たせるような姿勢をとらせると、赤ちゃんは自分の足を突っ張らせることでしょう。本能が自らの体重を支えようと反射的に反応しているわけです。

この運動は、赤ちゃんの筋肉や運動神経に適度な刺激を与えることとなり、その後の運動神経向上に有効に作用します。首がすわるようになったなら、赤ちゃんを抱っこしてあげる度に、この運動をさせてあげるとよいでしょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。RYUです。これまで教育関連で幼児教育に携わりつつ、多くの子供たちの教育現場に立ち会ってまいりました。この中で、早期教育がその後の子供たちの人生を豊かなものにしていく様を見てまいりました。ここでは、そんな経験をもとに、胎児幼児の効果的な教育技術についてわかりやすく紹介してまいります。ご参考いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


新生児教育編