HOME>二歳からの教育編

遅くとも2歳からは教えたい算数の基礎知識


遊びながら学ばせる数字の概念

 本サイトをお読みの方であれば、お子さんが2歳を迎えられる頃には、ひらがなやカタカナ、漢字などをカードを通じて記憶されていることかと思います。また、動物や果物、野菜を始めとして、多くのモノの名前も驚くほどに覚え始めることでしょう。

 お子さんがこのような段階にさしかかった際、同時に教えたいものに、数字の概念があります。0から9までの数字を、その数字が意味する概念とともに理解させる取り組みです。

 このように申し上げると、随分と難しいことのように思われるかもしれませんが、実は数字の概念は、簡単な遊びによっていくらでも深めていくことができるものです。また、数字の概念を教えるためのカードも、昨今では書店などで簡単に入手できるようになっています。たとえば、みかんがひとつ、ふたつというように、数字とともに、絵で表現されるカードが数多く市販されているのです。

 そこでこれらを入手するとともに、カード遊びを通じて、数の概念を理解させるわけですが、方法は至って簡単です。

 お子さんとともに、カードに記されるみかんやリンゴを、「みかんがひとつ」「みかんがふたつ」というように、紙芝居のように遊びながら、ゆっくりと数えればよいからです。

 お母さんが楽しげに、カードを見せながら行うことに、子供は興味を示すことでしょう。また、同じように指さして、お母さんとともに、数えることを始めるまでに、それほど長い時間は必要としないはずです。

 あくまでも楽しく遊ぶことが大切です。また、お子さんの負担にならないように、毎日時間を決めて短時間でも継続して続けることが必要となります。

数字の概念を覚えた後の遊びと学び

 さて、これらの遊びの中で、お子さんがモノを数えることを理解するとともに、数と数字の関連を理解し始めたのなら、比較的早い段階から、足し算と引き算を教え始めます。

 2歳児の段階で、計算などできるものなのかと思われるかもしれません。しかし、カードで楽しく遊ぶことを続けていれば、意外に早く、計算もできるようになります。なお、計算を覚えさせるためには、実際のモノを用いるとより理解が早いものです。

 たとえば、みかんをひとつお子さんの前に置き、「みかんはいくつ?」と設問をします。すると、お子さんは「ひとつ」と答えられるようになることでしょう。

 次にもう一つみかんを置いて「今度はみかんはいくつ?」と問いかけます。お子さんが「ふたつ」と答えることができたのなら、すでに数字の概念を理解しているといえます。

「よくできました~」と、笑顔でほめてあげていただきたいと思います。

 同様に、数に関するクイズを、要所要所でお子さんに提示することで、お子さんは喜んでそれに答えるようになります。

 この遊びが無理なくできるようになったのなら、次にこれを数式と絡めながら理解を深めることにします。つまり加減算の数式です。足し算や引き算の数式と、絵を対応付けたカードも、書店などで簡単に入手することができます。毎日少しずつでも、継続してこれらを用いたカード遊びを継続していただきたいと思います。

 実際に継続してやられてみればおわかりになろうかと思いますが、2歳児であったとしても、意外なほど楽に理解してくれるものです。なお、コツとしては、あくまでも遊び感覚、クイズとして笑顔でお子さんに接することです。そしてお子さんが正しい答えを導き出したのなら、笑顔で大いに誉めてあげることです。これだけで、お子さんの脳のスイッチは、入るものだからです。

 また、お子さんの気分が乗らないときは、無理強いをするのではなく、別の遊びに切り替えるなどの配慮も必要です。このような配慮が、後の自発学習を育むことになるからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。RYUです。これまで教育関連で幼児教育に携わりつつ、多くの子供たちの教育現場に立ち会ってまいりました。この中で、早期教育がその後の子供たちの人生を豊かなものにしていく様を見てまいりました。ここでは、そんな経験をもとに、胎児幼児の効果的な教育技術についてわかりやすく紹介してまいります。ご参考いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


二歳からの教育編